A級<C級<Z級

偏食気味の映画考察と駄文の超偏食BLOG

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【デス・プルーフ in グラインドハウス】 

death p-0.jpg

[デス・プルーフ/in グラインドハウス
(DEATHPROOF)

2007/アメリカ/監督 クエンティン・タランティーノ

デス・プルーフ(耐死仕様)に補強改造された車で次々と女を殺す殺人鬼の映画。9月1日は映画の日であり、加えてタランティーノ監督作品って事で見てきました。
キル・ビルは大好きだったんで無駄に期待が高まりますが、さてはて・・
death p-1.jpg

まず殺人鬼であるスタンタマン・マイク役がカート・ラッセルだったのがビックリだ。カート・ラッセル何やってんの(笑
それとタランティーノ作品といえば小粋な会話シーンですが、今回は女達の会話がだらだらだらだら延々と続きます。元々この映画はグラインドハウスって作品中の1本を単独で公開した物で、このシーンで尺を長くしたのだろうが、今回ばかりは長すぎで少し眠く・・・。でもそれを除けば最高にぶっ飛んだ映画で、フィルムの傷やチープな編集など随所に遊び心が溢れ、特にラストまでの流れが素晴らしく、あのオチはどう反応したらいいのか(笑

月末公開のもう1本のグラインドハウスであるプラネット・テラーはゾンビファンに評判良いので、こちらも是非見に行きたいと思いますです。


[ 2007/09/02 21:57 ] 公開中 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。