A級<C級<Z級

偏食気味の映画考察と駄文の超偏食BLOG

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

第32回【吐きだめの悪魔】 

Street Trash-0

「吐きだめの悪魔」
(Street Trash)

1987年/アメリカ/監督 ジム・ミューロー

Street Trash-01
大きな自動車廃棄所の広場に住み住み着く浮浪者達。社会から、そして家族からも見捨てられた彼らは互いに協力し合い、また争いながら何とか生きていた。そんなある日、酒屋の店主が地下室で60年前の酒を見つけ、在庫処分とばかりに1ドルで売り出した。しかしそれは
恐ろしいほど凶悪に熟成した悪魔のような酒
であり、飲むと体がみるみるうちに溶け始め・・・

Street Trash-02
有名カメラマンのジム・ミューローが、21歳の時に学校の卒業課題で制作したトラッシュムービーの大快作だ。主人公をはじめとする登場人物の殆んどが浮浪者で、ネタも下品で下劣。監督の悪乗り加減も心地良い、私のお気に入りの一本だ。
Street Trash-03
1人目の犠牲者が廃墟の洋式トイレで酒を飲み、青や緑の液を垂らしながら便器の中に溶け落ちるシーンが最高に楽しい。何故か溶けずに体が膨らみ始め、最後には大爆発するデブもなんか良い。
Street Trash-04
叩きのめした悪党にゲロを吐きかける刑事や、情婦の死体に欲情して犯すハゲ社長。ファンの間で有名なボンベでの頭部ぶっ飛びなど、悪夢のようなシーンが満載だ。しかしながら全編通してコミカルなシーンも多く、なんともシュールでブラックな作品となっとります。
Street Trash-05
マニアの間では今現在でも根強い支持があり、欧州版に続き本国アメリカでも豪華特典映像付きで発売済み。しかし何故か日本ではDVD未発売。本当にいつまで待てばいいのか・・
Street Trash-06




十数年前、神保町にある大型書店内のレンタル屋にはオープンスペースの視聴席があり、借りたビデオをその場で見る事ができた。私も休日でギャラリーの多いなか、予備知識なしにこの映画を借り早速その場で鑑賞

(2001年年宇宙の旅)で投げられた骨の如く

スローモーションで青空を舞うチンコを見ながら

えもいわれぬ高揚感と激しい羞恥心で

意識が薄れていく自分を感じた・・


Street Trash-07





[ 2007/02/15 22:01 ] 映画レビュー | TB(0) | CM(5)
レスありがとうございます。
ざっと見たら「ミート・ザ・フィーブルズ」とか「スタッフ」とか、心に琴線に触れる作品ばかり取り上げられているので、これからもよろしくさせていただきます。
あと前のコメントでは伝わらなかったかもしれませんが、私もはきだめの悪魔を愛してますよ。
ただこの映画の話を友人知人にしても、大抵デマカセ言うなと言われるのが悲しいですが・・・
[ 2007/03/11 01:28 ] [ 編集 ]
キャプテンGさん はじめまして
これからもよろしこー
突然来場者数が増えたと思ったら、ZOMBIE手帖さんからの人達だったのですね。

この映画、好きな人と嫌いな人が極端に分かれますよね。内容がメチャクチャだからしょうがないですが(笑
[ 2007/03/10 22:15 ] [ 編集 ]
始めまして。
ZOMBIE手帳から飛んで来ました。
私はこの映画、普段はホモ映画ばかりやってる大阪の劇場で見ました。
確かベストロンベストアクションシリーズと言うプログラムの内の一本だった筈です。
それで当時、何を考えたのかこの映画を一番楽しみにしてたんですが、いざ見たらチ○ポコは宙に舞うわ、ホモ犬は出てくるわ、主役級だと思ってたゲロ吐き刑事はベトコン帰りの浮浪者に殺されるわで、劇場であっけに取られたもんです。
という訳で懐かしい思い出に浸りながら、この記事を読ませて頂きました。
[ 2007/03/09 22:59 ] [ 編集 ]
|`) ふふふ・・・
カッコいいでしょ?
[ 2007/02/19 23:03 ] [ 編集 ]
>えもいわれぬ高揚感と激しい羞恥心で
>意識が薄れていく自分を感じました・・

なにかっこつけてんだ、ポーク。
[ 2007/02/19 22:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。