A級<C級<Z級

偏食気味の映画考察と駄文の超偏食BLOG

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【封印作品の謎2】 

謎2

封印作品の謎2
著者 安藤 健二

blogで一番最初に書いた記事がこの本の前作でした。今回は国民的にも有名な四作品。それぞれの封印された経緯を紹介してますが、前回の本より汚い大人の事情が多かった。

第一章
引き裂かれたリボン
(キャンディキャンディ)

著作権のトラブルによる原作者と漫画家の確執。仲良い親友の絆が壊れると修復って難しいですよね。そこにお金と個人的感情が絡むとなおさらです。
キャ

第二章
悲しい熱帯
(ジャングル黒べえ)

封印の発端がこんな馬鹿げた事だったとは・・
アニメの基本設定制作に宮崎パヤオが関わっていたのは有名ですが、黒べえさえも藤子先生がデザインしたもので無かったのには驚きました。
黒

第三章
怨霊となったおばけ
(オバケのQ太郎)

両先生は本当に仲が良く、コンビ解消の理由が喧嘩別れじゃなかった事がせめてもの救いか。封印の理由がハッキリとは書いてなかったが、終盤近くの文章に真実が見え隠れ・・
Q

第四章
ウルトラとガンダムの間に
(サンダーマスク)

実は意外な封印の理由。デジタル放送の煽りで封印される作品がこれからも・・って話は大変興味深かった。ファンの間で有名な「シンナーマン」の話は実際に見てみたいな。
サンダ

セリフや映像関係での封印ならまだしも、エセ良識派団体や、薄汚い感情が理由でこれらの作品が見れない状況は非常に不満です。
サンダーマスクが有名作品かは別として・・
この四作品はこれからも日の目を見るのは困難かもしれません・・

他に訳有りな封印作品が沢山あります。これは封印作品の謎3も出版されるかもしれませんね。


期待age





[ 2006/07/17 00:02 ] 封印関係 | TB(1) | CM(2)
YUMIKAさんコメントありがとーです。
TB結構反映されない事多いですよねぇ
困ったもんです・・・v-406
[ 2006/09/20 22:07 ] [ 編集 ]
以前TBいただいたり、させていただいたりしたYUMIKAです。
この本、私もやっと先日読みまして記事を書きました。読んでいてちょっとブルーになる一冊ではありますが、私も「3」を期待します。
取材、とても大変そうですけど……。

今回TBさせていただこうとトライしたのですが、現時点ではどうもうまくいってないみたいです(涙)。
[ 2006/09/18 19:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://mangler.blog23.fc2.com/tb.php/55-e53dabc1

「封印作品の謎 2」  安藤 健二:著  太田出版/2006.3.21/1480円 「失われた物語」は、まだ存在する。あらゆる“名作”が発掘・復刻され尽くされつつあるなか、それでもいまだ目にすることができない一部の作品たち。彼らは、なぜ「封印」されたのか
[2007/01/09 16:02] 月灯りの舞


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。