A級<C級<Z級

偏食気味の映画考察と駄文の超偏食BLOG

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

第15回【マシーンヘッド】 

[発動機]、(死体である俺)、動かす。
[発動機]、(死体である俺)、動かす。


heddo

「マシーンヘッド」
(MACHINE HEAD)

2004年/アメリカ/監督 マイケル・レナード・マーフィー


ドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドド
ブルブルブルブルブルブルブルブルブルブルブルブルブルブルブル

珍妙な素敵映画を発売するアルバトロスフィルムからの1本。パッケージのイラストは機械と人が融合したハードSFって感じですが、実際は頭にエンジンをつけてブルブル振動してる野暮ったい兄ちゃんが出てくる変な映画でした。エンジンも安っぽいしね。
buru1

いつも周りから奇人扱いの大学生マックスは、内燃機関の電力を生命エネルギーに変換する研究をしていた。そして遂に死体にエンジンをネジ止めしたマシーンヘッドが誕生する。その後、度重なる暴走で何人も人を殺してしまうが、それは未来の栄光を夢見るマックスにとって些細な出来事でしかなかった。遂に運命の科学博覧会の日。自信満々で発表するも、賞賛の拍手どころか会場内は大パニック。またもや暴走し、街中へ逃亡するマシーンヘッドだったが・・・
buru2

マシーンヘッドの弱点は、エンジンスイッチを切られる事とガス欠。その為マックスから、「ちょっと静かにしてくれ」だの「殺してやる!」だの言われて、何度もスイッチを切られます。後半の逃亡場面では、ガソリンスタンドに
「注意!給油中はエンジン停止」
と注意書きが張ってあり、それを横目に自分で給油してるシーンも。
buru3

とにかく内容と作りからして、劇場映画じゃなくてケーブルTV用の映画かもしれないです。それだけユルいので、期待しないで気ままに見るのが正しい鑑賞方法だと思う。でもこれって、ティム・バートンあたりがリメイクしたら結構面白くなるかもね。


[ 2006/01/22 21:56 ] 映画レビュー | TB(2) | CM(4)
初めまして。
「マシンヘッド」の批評(!?)を見たくて
こちらに来ました。
他所での評判を見ましたが、なかなか好評(!?)だったので
中古ソフトを購入しました。
(多分、今週中に来る)
他所でも指摘がありましたが、主人公とヒロイン(!)は
とても高校生には見えませんね?
また、増設(?)したエンジンもパッケージとまったく違うところが凄い!
今年の初めに「話題」になった「中身とパンフレットがことなるおせち料理」のようです。
[ 2011/12/12 15:51 ] [ 編集 ]
井上さん ルーさん
コメント有難うーです
アルバトロスはこれからも大注目っすねw
[ 2006/02/19 23:15 ] [ 編集 ]
 いかにもアルバトロス・コアらしく、パッケージはインパクト抜群の割には中身は堅調なB級ホラーといった感じで、なかなか楽しめる作品でした。
 私も色んな意味で、もうちょっと話題になっても良かったタイトルでは無いかな?と思います。
[ 2006/02/16 23:10 ] [ 編集 ]
いやーもう、アルバっ子にはたまらない作品ですね、ほんとに。趣味の合う方と出逢えてとても嬉しいです♪
そう、パッケージが内容とズレてるのもいつものことですが、決してハンサムではない死体さんなのに、妙に愛情わいてしまうあたり、見事なキャスティングですね。
[ 2006/02/16 16:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://mangler.blog23.fc2.com/tb.php/36-158449ff

<B><Font Size=3 Color="Blue">■■■「マシーンヘッド」■■■</Font></B><Font Size=3 Color="Red">(50点/モンスターホラー?)</Font><B> 内燃機関の新たな理論の研究に没頭するあまり、ハイスクー
『マシーンヘッド』【MACHINEHEAD】2004年・米 もちろんアルバトロス買い付け映画監督:マイケル・レナード・マーフィー脚本:マイケル・レナード・マーフィー撮影:スコット・スチュアート音楽:ジェイソン・マッキーン 俳優:ジョシュア・ウォリットリチャード・...


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。