A級<C級<Z級

偏食気味の映画考察と駄文の超偏食BLOG

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

第12回【ビィーイング・ディファレント】改訂版 

ギシ・・・・・ギシ・・・・ギシ・・・
暗い階段が静かに軋む
ギシ・・・・・ギシ・・・・ギシ・・・
ガチャ!
唐突に開くドア
男「ただいま帰ったよ。」
女「お帰りなさい。アナタ」
笑顔で抱擁し合う2人
どこにでもある家庭の風景だが
たった一つだけ違う事がある 
その男の顔は大きく醜いコブで歪んでいた

BEING DIFFERENT -01

「ビィーイング・ディファレント/素晴らしき生命たち
(BEING DIFFERENT)
1981年/アメリカ/監督 ハリー・ラスキー




1980年、映画史に残る1本の映画が公開されました。19世紀末に実在した象人間と呼ばれた青年、ジョン・メリックの半生を描き、全世界に一大ブームを巻き起こした名作「エレファントマン」だ。そしてブームが一段落した翌年公開されたのがこの映画です。(日本では未公開)

いわゆるフリークスと呼ばれる人達のドキュメンタリーで、彼らの生活を通して生命の不思議と偉大さを訴えた映画である。ヒゲ女とワニ肌男の夫婦、有名な結合双子ガリヨン兄弟、四股の不自由なランナーなど、大勢出演しています。何かと好奇の目で観られがちな彼等ですが、その人生観と高尚な精神には驚きを通り越して感動させられました。
BEING DIFFERENT -01

その中でも[二つの顔を持つ男]の異名を持つメルビィン氏の生活は興味深かった。彼は街の人達と同じ様に生活し、仕事を持ち結婚もしている。そして元気な子供を授かり孫までいるのだ。生まれ故郷で街中が赤ん坊の頃からの知り合いという好環境が幸いしたのか、彼を好奇の目で見る者も特別視する者もいない。言うなれば最高に幸せな人生を送っているのだ。
加えて自らの個性を生かし、映画にも出演しています(無論ノーメイク)。その映画「センチネル(※注)には以前にも触れた特殊メイクの神様ディック・スミスが参加してますが、アルタードステーツでの醜く膨らむ特異なメイクに少なからず影響を・・と思うのは考えすぎだろうか?
BEING DIFFERENT -02

この映画が制作されたのがエレファントマン大ヒットの翌年。誰の目から見てもブームに便乗して作られたのは明白でしょう。OPだけ見ても恐怖映画のそれと同じ作りだ。そのエレファントマンも、感動的な内容よりあの布マスクの中身見たさで映画に行った人が多かったと聞いてます。(監督もそのつもりで制作した)
私もこのビデオは単なる好奇心で借りましたが、その為か鑑賞後は精神的に凹みました。でも後悔はしてない。いろいろ考えさせられたからね。
BEING DIFFERENT -03

ホスト役の俳優C・プラマーは言う。
「オズのカカシ曰く、世の中で変わり者こそが一番大切な人達だ。人は巨木の中の1枚の葉にすぎないのだから」

ちょっと意味分からず・・・


(※注)
「センチネル」1977年 アメリカ映画

引越したアパートが長年悪魔を封じ込めている場所で、その見張り番になってしまう女性のお話。ラスト近くに現れる悪魔達を本物のフリークスの方々が演じている、何とも不謹慎なオカルト映画の傑作。その為か、日本では1度もソフト化されておりません。 
そのうちレビューするかもね。



追記
レビューしました
第36回【センチネル】

[ 2005/11/30 21:44 ] 映画レビュー | TB(0) | CM(1)
アメリカって差別問題に関してはナーバスな国って印象があるけど、時々それを大胆にネタにしちゃうこと
もありますねー。
以前見たワイルドワイルドウェストという映画で、黒人vs下半身が無い男の差別ジョーク合戦があったんです
けど、日本じゃ考えられないネタですもんね。
[ 2007/02/23 00:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。