A級<C級<Z級

偏食気味の映画考察と駄文の超偏食BLOG

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

第08回【徳川女刑罰絵巻 牛裂きの刑】 

ミヨ~ン ミョ~ン ミョンミョンミョンミョミョミョミョヨ~~ン
いきなりこの映画を的確に表したような妙~な音楽が・・

usi7

「徳川女刑罰絵巻 牛裂きの刑」
(SHOGUN'S SADISM)

1976年/日本/監督 牧口雄二
**今回映画の性質上不適切な発言、及び不快な表現があるから注意して、っつーか注意しろ!

ラストに本物の殺人(インチキ)が映ってる事で日本でも大ヒットした映画「スナッフ」 それと時を同じくして公開されたこの珍妙な映画が今回のネタです。物語は前後編の2部構成で成り立っており、題名だけ見ると一昔前に3本立1000円で公開されてたエロ映画みたいですが、内容は堂々たる(?)日本製キワモノ映画、そしての映画であります。
usi2

 
前編は異教徒狩りとエスカレートしていく拷問、そして若い役人とキリシタンの娘の愛の話。最後は主膳を裏切った役人と娘の処刑で終わり、眩しく光輝く三途の川(?)で2人は永遠に結ばれる

見世物的映画だけあって拷問方法がバラエティーに富んでますね。
大木槌での足潰し 毒蛇攻め 油蒸し焼き
など、実際に行われていても不思議じゃない物ばかり。とくに題名にもなってる牛裂きの刑は秀逸。細かいカット割りと美麗なBGMで、30年以上も前の日本映画である事さえ忘れさせるほどのインパクトがあります。
usi3

この高坂主膳が実にパワフル。精力剤とばかりにイモリを生きたままバリバリ喰うわ鼻糞はホジり倒すわ、なにより娘をいたぶる様子が病的にネチネチしているエロ馬鹿男。キリシタンの拷問を心底楽しんでいるキチガイサドだが、その後に異教徒狩りの功績を認められて大名になったとのナレーションが・・・  

後半にはタイトルにある「牛裂き」は無いけど、話としての出来は良い。

遊郭でタダ乗りした捨蔵(川谷拓三)は働いて金を返す事になるが、同郷の女郎と逃げだしてしまう。2人は各地で悪さをしながら放浪するが、ついには捕まり激しい拷問を受けすべての罪を自白。そして決まった処刑方法が「鋸引きの刑」であった。「鋸引きの刑」とは番所の前にクビだけ固定されて座らされた罪人を、傍らに置いてある竹製のノコギリで通行人が首を引く刑である。しかしほとんどが形式的なもので、3日後に「はりつけの刑」になるのが常だが今回は違った。深夜に偶然通りかかったキチガイは嬉しそうに近寄り、ノコギリに手をかけ・・
usi4

2人が逃げ出した遊郭が地獄のようで恐ろしい。
女郎を足抜けさせようとした男のチ●コを刃こぼれさせた髭剃りで切り取ったり、妊娠した女郎を堕胎させるのに糞婆ぁが素手を突っ込んで・・・ とか
 
拷問で水車にくくり付けてグルグルと回すシーンがありましたが、ここはダチョウ倶楽部の竜ちゃんを思い出して笑ってしまいました。捨蔵は頭も悪ければ腕っ節も弱く行動がユーモラスで笑えるが、その分ラストの悲壮感は絶大

キチ 「きっれますよ~に♪ きぃ~れますよぉ~にぃ♪」
捨蔵 「そんなの飾りや、切れへん切れへんて」
 

ぶち!ぶち!
ばりっ!ばりぃ!

びゅばっ!びゅばっ!
ぐぎゅぎゅぎゅぎゅぎゅううう!


鑑賞後にプチ鬱になるから・・・ _ノ乙(、ン、)_

usi5

こうしてみると、昔の日本映画って物凄いパワーがあるなぁ。技術的には稚拙でも、アイデアとストーリーで十分面白い作品が出来るって事がこの映画を観て再確認出来ました。
現在まで日本国内では1度もソフト化されてませんが、なんとヨーロッパでDVDが発売されてますね。PAL版なので専用プレイヤーが必要ですが、PCなどを使えば観れますので、気になる方は是非とも買って
この愛の映画
楽しんで下さい♪

追記(2012.1.4)
遂に日本での正規版DVDが発売だぜ。これは燃える!
徳川女刑罰絵巻 牛裂きの刑【DVD】徳川女刑罰絵巻 牛裂きの刑【DVD】
(2012/02/21)
川谷拓三、橘麻紀 他

商品詳細を見る


おまけ 
記事内にこの映画のグロシーン詰め合わせ画像へのリンクを1ヶ所設置。
暇な人やグロ好きの人は探してみたりみなかったり




[ 2005/09/28 16:10 ] 封印関係 | TB(3) | CM(16)
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2013/03/15 17:23 ] [ 編集 ]
>捨蔵が陰茎切った男じゃないの?
どうなんでしょうか?
ちょっと役者が違うように見えるのですが
どなたかおせーてください(笑

>名も無き人さん
あの音楽が怪しすぎます
でもあれがあってこその牛裂きの刑ですよね
[ 2007/08/20 21:47 ] [ 編集 ]
最初の音楽が耳にこびりついてしまったorz
今の映画には出せない不気味さとB級感・・・
[ 2007/08/20 18:10 ] [ 編集 ]
最後に出たキチガイって捨蔵が陰茎切った男じゃないの?
[ 2007/03/15 07:54 ] [ 編集 ]
おあ! 某所で有名なねこっちゃ様
はじめましてmanglerと申します!

えーっとこのラベル(一番上の画像ですよね?)は正規PAL版DVDの物だと思います。なんか別バージョンのラベルもあるみたいですね。秋葉原の輸入DVD屋で見かけたのを覚えてます。内容に違いはあるのか不明です。

僕は知り合いからゴニョゴニョ・・・
[ 2007/02/23 00:02 ] [ 編集 ]
これ、ヤフオクの紹介からすっ飛んで来たんですが、このディスクのラベルって正規のモノなんでしょうか?

ビデオマーケットのモノ?
[ 2007/02/22 04:00 ] [ 編集 ]
いいなぁ、観てみたい。(笑)

この手の映画は無理だとしても、必殺シリーズなど放送期間が長い番組は、かつて放送禁止になったもののストーリーは面白かった話をコードに引っかからないようにリメイクした事も何作かあったようです。
マニアの人ならどの話か分るんだろうけどなぁ。私、似非マニアなので分りません(笑)
[ 2005/10/07 23:21 ] [ 編集 ]
ユカリーヌさんコメント&TB有難うございますー。
人間って本当に惨酷な生物ですなぁ。拷問って普通に何気なく耳にするけど、その実態は本当に愚かで醜いものって思いました。コワイコワイ・・
[ 2005/10/06 16:09 ] [ 編集 ]
manglerさん
こちらにもTBさせていただきます。

YUMIKAさんが西洋モノにふれられていましたので、
私は以前に書いた和モノの方の拷問史を
TBします。

いやあ、すごい世界ですね。
[ 2005/10/06 15:11 ] [ 編集 ]
YUMIKAさんTB&コメントありがとーです
拷問展かー 行きたかったなぁw
次回開催のおりには必ず行かねば♪
[ 2005/10/06 11:43 ] [ 編集 ]
manglerさん、この度はTBありがとうございました☆
見せていただいたら面白かったので、こちらからもTBをさせていただきました。
しかし、一般の人(?)が見たら引きまくりそうな画像ですよね~(笑)。
 
余談ですが、少し前に東京・明治大学博物館にて拷問アイテムの見学をしてきました。
自分の記事(9/4)には西洋モノにしかちゃんと触れていませんが、日本のアイテムもありましたよ。
こちらの記事のいちばん最後の画像にあるような、罪人の首を固定する台とか、斬首した首を晒す台とか……。
[ 2005/10/06 09:06 ] [ 編集 ]
|∞`)Σ
そんなマニアックなタイトルには釣られないクマーw
[ 2005/09/30 15:55 ] [ 編集 ]
これまた激しい割に、漂う香りがB級だな。

しかし映画紹介を見て、
なんかドクターブッチャーとか思いだしますたよ
[ 2005/09/30 10:23 ] [ 編集 ]
|*゚ω゚)うん。愛を感じるねっ!(ぉ
[ 2005/09/29 23:04 ] [ 編集 ]
ちょっとキツイけど、見ると何かが変わるかもしれませんよ
ヽ(*゚∀゚)ノ
[ 2005/09/29 21:21 ] [ 編集 ]
うぉぉ こえぇ・・・これこわいやつでしょ?笑
[ 2005/09/28 19:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://mangler.blog23.fc2.com/tb.php/23-a62f5776

「放送禁止映像大全」 知り合いに紹介されて買ってみました。 ドラマ、特撮、アニメ
「日本残酷死刑史    -生埋め・火あぶり・磔・獄門・絞首刑」   『日本死刑史』再編集・改題書? 著 者: 森川哲郎 /平沢武彦 ?日文新書/2001年 06月/ 686円??日本の残酷刑罰と死刑制度の変遷を探る。生埋め、火あぶり・磔・獄門・絞首刑…日本にお
[2005/10/06 15:07] 月灯りの舞
「放送禁止映像大全」       天野ミチヒロ著・三才ブックス(1300円+税)       (※ 画像モノクロですけど、本当にこういう色してます。字だけ銀の箔押しで)以前買った「封印作品の謎」といい、「放送禁止歌」といい、ウチはこのテの本が好きだな(笑)。TVブ
[2005/10/06 08:54] 鋼鉄の蛙。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。