A級<C級<Z級

偏食気味の映画考察と駄文の超偏食BLOG

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

■チャーリーとチョコレート工場■ 

ティム・バートン×ジョニー・デップの黄金コンビによるファンタジー映画の話題作
――****ネタバレ成分を含みます。未見の方は注意****――

ちゃーりー1

「チャーリーとチョコレート工場」
(Charlie
AND THE CHOCOLATE FACTORY)

2005年/アメリカ/監督 ティム・バートン

実はファンタジー映画ってあんまり観ないのですよ。「ハリーポッター」も「ロード オブ ザ リング」も1作目しか観てないくらい。でも大好きな「シザーハンズ」のコンビとなったら話は別ですよ!

チャーリーはとても貧しい大家族の子供、今夜もキャベツスープで質素な夕食。しかし家族の皆に愛され、とても幸せに暮らしていた。ある日町にある世界一大きくて有名な「ウォンカ」チョコレート工場から子供達に向けてある事が発表された。それはチョコレートに金のチケットが5枚だけ忍ばせてあり、引き当てた子供と親1人を工場に招待するというものだった。世界中の人々はチョコレートを買い求め、暫くすると引き当てる子供が出はじめた。
1枚目はデブッチョで食い意地の張っている少年 オーガスタス
2枚目は金持ちでワガママ、チケットも買い占めで手に入れた少女 ベルーカ
3枚目は自信家で勝つ事が信条の少女 バイオレット
4枚目は自称頭脳派で粗暴、口の悪いむかつく少年 マイク
貧しいチャーリーは毎年誕生日に1枚だけチョコレートを買ってもらえるが、そうそう当たる筈も無かった。しかし、ふとした事から金のチケットを引き当てる。そして全世界が注目するなか、15年間誰一人として出入りした事の無い工場の門が開き、子供達を向かえ入れていく。
その先には想像を越えた摩訶不思議な世界が待っているのであった。


ちゃーりー2

ティム・バートンらしい奇抜な工場内がステキ。CG使いまくりと思ったら殆んどが実物セットらしく、テーマパークに来ている気分でした。主人公のチャーリーが本当に普通の少年で、他の4人の子供が皆揃いも揃って物凄い曲者なのも面白い。工場内で働いてるウンパ・ルンパ達も、顔は濃いがとてもキュート。その風貌からピクミンに見えたのは僕だけではない筈だ。チョコレートの天才ウォンカ役のジョニ―・デップは今回も素晴らしく楽しげでした。ウォンカの歯が眩しいくらい白かったのが印象的でした。厳格で町一番の歯科医でもある父が、チョコレートを虫歯の原因として敵視しウォンカを勘当した事で、自分自身が虫歯になる事を許さなかったんだろうね。
原作は読んだこと無いし、過去ジーン・ワイルダー主演映画化されてた事も知らなかったです。レンタルで借りてみようかな。


[ 2005/09/14 18:40 ] 公開中 | TB(5) | CM(4)
TB返し&コメント有難うございました!
実は私も、原作もオリジナルも見ていないので機会があったら見たいと思ってます。^^
[ 2005/09/21 00:48 ] [ 編集 ]
なかなかおもしろそうなストーリーですな。
今度貸してください
[ 2005/09/16 04:15 ] [ 編集 ]
いえいえい、コチラこそありがとーですw
趣味が偏ってる私ですが、これからもよろしくー
ヽ(*゚∀゚)ノ
[ 2005/09/16 00:39 ] [ 編集 ]
ブログに来てくれてありがとうございます☆
これからも遊びにくるので|。+゚ヨロシクデス。+゚|ω・`o)ノ" 
[ 2005/09/15 22:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://mangler.blog23.fc2.com/tb.php/18-4752d82d

原作:ロアルド・ダール「Charlie and the Chocolate Factory」 全世界で1300万部を売り上げるベストセラーの映画化作品。両親と両祖父母と一緒に、今日もまたキャベツのスープをすするチャーリー少年(フレディー・ハイモア)。彼の楽しみは、年に一度、誕生日に買っても
 両親と両祖父母と一緒に、傾いた家で細々と健気に暮らすチャーリー(フレディ・ハイモア)。彼の楽しみは、年に一度、誕生日だけに買ってもらえる“ウォンカ”印のチョコレートだ。世界中で爆発的な売り上げを記録しているウォンカのチョコレートだが、実は誰も工場に人.
(http://mangler.blog23.fc2.com/)たまたま知り合いの所を見に行ったら、B級映画くらいにか話題が出ないようなblogにいきなり最新作の話題があるから便乗するでぶー( ´∞`)
鑑賞した日 : 9月10日土曜日 鑑賞した劇場 : 109シネマズ名古屋 本日2本目は「チャーリーとチョコレート工場」です。ついにこの日が来ました。昨日から高鳴る鼓動。そのせいで寝不足にもなり(笑)なんといっても本年度の本命なのですから。 ....
ずっと楽しみにしていた『チャーリーとチョコレート工場』を見て来ました。ああ、待ってる間長かったな♪だって、だって、ティム・バートンですよ?ティム・バートンってだけでも
[2005/09/14 23:09] 有限会社三好猫丸


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。