A級<C級<Z級

偏食気味の映画考察と駄文の超偏食BLOG

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

第46回■アダム・チャップリン■  

忘れた頃に突然映画レビューをやってみたりする



Adam-01
アダム・チャップリン
(Adam Chaplin)

2011年/イタリア/監督 エマニュエル・デ・サンティ

奇跡的に日本公開が決まったようでw

セルビアン・フィルムのエクリプス配給により2014年公開予定(ソース

愛する妻を焼き殺された男アダム。その怒りは頂点に達し、遂に暗黒の魔物を呼び寄せた。そして自らの魂と引き換えに得た超人的なパワーと超能力を駆使し、妻を殺したマフィアのボス、デニーリチャーズを追いつめるが・・・。

・・・と、今回は結構グロいので耐性ある方だけヨロ


(注意書き)
本作は輸入DVDで観賞した為、当然の事ながら字幕はありませんでした。
一部文章に誤りがあるかもです。変な所あったら許してチョンマゲ
日本公開されたら早急に対処訂正いたします ハイ



通常の興行には決して乗る事の無いインディーズ作品群の中に生まれた奇跡の逸品。北斗の拳などに強く影響されたその映像、こんな作品を待ってたファンも多かっただろうなぁ。
Adam-02
全編これ大虐殺シーンのオンパレードである。開幕直後に即大流血もサービス満点でありますなぁ。グロい特殊メイクに自社特製のデジタル処理を施し、そこに噴水の如く吹き出る血しぶきを大量トッピング。この馬鹿みたいにやり過ぎな感じがまた実に味わい深いのです。
Adam-03
本編の主役であるムキムキマッチョのアダム役は監督と脚本、そして撮影や音楽までもこなすエマニュエル・デ・サンティ。天は二物を与えずというが、彼の多才っぷりには本当に驚かされる。台詞がそれほど多くないので演技的な面では分からないが、作品から溢れるパワーと情熱には凄まじいモノがある。今後も大注目していきたい監督の一人だ。
Adam-11
アダムの妻を焼き殺し、警察を掌握して秩序をも崩壊させるマフィアのデニーリチャーズ。幼い頃にNEUROCRIL3という薬によって凶暴化した犬に襲われて顔面を切り裂かれ、以来マスクを装着して自らもNEUROCRIL3に溺れる怪人物。薬の力によって常人離れしたパワーを手に入れ、その副作用によって身体は醜く大きく肥大する事となる。うん、キモイぞ。
Adam-04
デニーに雇われた白黒メイクのキチガイ通り魔マイク。得意の二刀流出刃包丁で浮浪者なんかは軽くバラせたけど、流石にアダムには敵わない。あっという間にボロ雑巾のように。食人族ばりの人体串刺しシーンも実に楽しい。
Adam-05
終盤、アダムの家にデニー一味が襲撃をかけるシーン
ここからの大殺戮が本作最大の見所なのだ!
Adam-06
大爆発によって焼け焦げる身体や、飛んできたガラスや破片によって吹き飛ぶ頭部や手足。それこそバッサバッサと気持ち良い程吹き飛びます。そして大量に吹き出す目にも鮮やかな血潮。作品全体がワザとらしい程に青基調なのは血しぶきの赤を引き立たせる為とか。素晴らしい!ハラショー!
Adam-07
ぜひとも動画で見ていただきたい百裂拳シーン
あたたたたたたた!・・・とは言わないけど、これは正に北斗百裂拳だw
Adam-08
逆関節でボキッってシーンが結構あるが、これは本当に見てて痛いぞぅ。超絶パワーのアダムは拳での胸部貫通や頭部粉砕なんかお手の物です。どれも結構グロいけど見ていてスカッっとするのは何故だろうか。大男のデニーに対してタッパでは圧倒的に不利なアダム。というか、いままで同一画面に捕らえた事すら無かったから、改めてこの体格差にはビックリである。しかし極端だなw
Adam-09
エグイシーンもこうして見ると美しく感じてしまう不思議
リアルで粘度の高い血液というより、色鮮やかなイチゴシロップのような赤色なのが余計に美しい。これにより観賞後は気分晴々でハピネスチャージ完了って寸法よ!(個人差あり
Adam-10
物語の顛末は置いておき、CG技術の向上でリアルなグロが大勢を占める昨今、まるで初めて死霊のはらわたを見た時のようなワクワク感。メジャーな大作には出す事の出来ない不思議なパワーと超絶グロテスク天国。色々な意味で見所満載なアダム・チャップリン。来年の公開の際には是非観に行っていただきたい。いやここは一つ
四の五の言わず黙って観に行け!w


本作を一番最初に見かけたのがホラーマニア御用達の輸入DVD屋ビデオマーケット。店内モニターからやたらとピチャピチャと音がしていて何かと思ったらこの映画でした。最近ではアキバの輸入DVDショップでも見かけるほど知名度が上がったけど、これも激プッシュしたビデマの貢献度があってこそだと思うなぁ。因みに本作DVDはリージョン1なので日本のDVDプレイヤーでは視聴不可です。PCかリージョン1対応プレイヤーで見るヨロシ。

制作会社NECROSTORMの映画第二弾テータシティもあるけど
もっと内容が分からないのでレビューは保留にしとこうw




おまけ

デニーリチャーズを見ると思い出すのが
Adam-12
マッドマックス2のヒューマンガス様ですが、





どちらかというと・・・
Adam-13

黒バラで話題になってた人面石くんにクリソツだと思います・・・・w





[ 2013/11/23 02:59 ] 映画レビュー | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。