A級<C級<Z級

偏食気味の映画考察と駄文の超偏食BLOG

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【iPhoneカバーできるかな?② 粘土原型完成ナリ】 

なんで映画レビューブログがこんな事に・・・

って事で自作iPhoneカバーを黙々と製作

世間様ではiPhone5が発売されましたが、2年縛りで買い換える予定も無く
だからまだまだiPhone4sカバーを作るのです (´・ω・`)

おっぱい おっぱい
gure-p1
ではなく、グレープフルーツの表面にラテックスを重ね塗りし、硬化後にべりべりと剥がした物なのだ。もちろんグレープフルーツは事前に美味しく頂きました。なんというか輪ゴムのようなグニグニした感じになっとります。これを粘土原型の表面仕上げに使います。
gure-p2
この表面の凸凹を粘土に押し当てる事で、表面を肉感的に見せたり製作時の指紋や傷を隠したりね。これは特殊メイクなどの粘土原型製作時に使われるテクニックの一つだったと記憶している。できれば表面はツルツルな感じにしたかったけど、油粘土はその辺の処理が難しいとの事なんで今回はこの手法で。
kannsei
前回から色々といぢってとりあえず粘土原型完成~

思った以上に表面が凸凹になってしまった!!

考えてみりゃ映画などは多少大げさな表面処理が必要だもんねぇ。でもこれはこれでキモイ感じになったので良しとします。

次回はいよいよ問題の型取り

ここで失敗したら全てが台無しであるからしてー ぶるる


[ 2012/09/23 16:08 ] 自作iPhoneカバー | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。