A級<C級<Z級

偏食気味の映画考察と駄文の超偏食BLOG

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【ムカデ人間とムカデ人間2】 

The Human Centipede-0
ムカデ人間
The Human Centipede (First Sequence)

2010年/オランダ・イギリス合作/監督 トム・シックス

名医だがイカレた外科医であるハイター医師は、長年の夢であるムカデ人間を創造する為3人の男女を拉致する。そして想像を絶したおぞましい手術が始まった
The Human Centipede-1
鑑賞してから時間は経ってるけど、アマゾンでDVDの予約が始まってたので。ギャグっぽい題名とは裏腹に、その題材が酷いって事で一部物好きな映画ファンの間で話題になったムカデ人間。実際、この映画の変な題名に笑っていた同僚が、本当の内容を聞くと一変して嫌悪感丸出しになるという経験を何度もw
The Human Centipede-2
肛門と口を結合するってネタは監督の冗談から生まれたそうで。ネタは悪趣味でも作品の完成度の高さがハンパなく素晴らしい。良心が微塵も感じられないハイター博士と、ムカデ人間にされる粗暴な日本人ヤクザと普通のアメリカ女性の2人。言語の違いや結合された状況により、4人には全くコミニュケーションを取る術がないってのが面白い。そもそも拉致してきた3人を飼犬と同様にしか扱っていないハイター博士に、コミュニケーションは不要かもしれないけどね。
The Human Centipede-3
鑑賞中、あるシーンを見ている時にとても貴重な体験をした。それは先頭に繋がれている日本人ヤクザのカツローが便意を我慢できなり、涙ながらに粗相をしてしまうシーン。その2番目に繋がれた女性に口に便が注がれたであろう瞬間、劇場内を粘ついた泥水のような静寂が満たしていく。そして顔も知らない他人ばかりの劇場内で生まれた妙な一体感。今まで何年も映画を見てきたけどこんな体験は初めてだ。多分劇場で見た人にしか分からないだろうなぁ・・・。
The Human Centipede-4
ムカデ人間1号ことカツロー役北村昭博さんのサイン
作品内でのヤクザっぽい感じが微塵もない、笑顔がとっても素敵だった北村さん。ガッシリ握手していただきサインも貰いました。意外と小柄でビックリしたけど、身体から滲み出るオーラが凄かった。一緒に参加してた松尾スズキさんとのトークショーで、日本男児たるのも、欧米女に無理やりウンコ食わすのは夢だよね的な話が凄く面白かった。(内容ちょっとうる覚えです・・w)


ムカデ人間 [DVD]ムカデ人間 [DVD]
(2012/02/03)
ディーター・ラーザー、北村昭博 他

商品詳細を見る


つーか、DVD版のみ発売でBDが出ないってどうなってんのw


The Human Centipede2-0
待望の続編ムカデ人間2
The Human Centipede 2 (Full Sequence)

映画「ムカデ人間」をビデオで見たハゲデブが、「これいいなぁ・・」とばかりに真似してしまうお話。しかも医師免許はおろか、手術経験も全く無いズブの素人が手持ちの日用品(ガムテープ・ホッチキス・バール ets...)を使ってコレをやるっていうから恐ろしい。前作のインモラルな雰囲気なんかスっ飛んでしまうほど過激なグロが満載で、その内容の危うさに各国で上映禁止処分の連発。もちろん日本では公開さえ決まってない。ってか、倫理上の問題でR指定での公開も無理かもしれんね。全編モノクロらしいけどある一点だけ色が付いてるらしい。それはどうやら茶色のモノだとか・・・・w

もうこうなったら輸入BDで見るしかないwwww








[ 2011/12/10 18:33 ] 公開中 | TB(0) | CM(1)
いつも拝見させていただいております。
またおじゃまします。
[ 2012/05/15 01:12 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。