A級<C級<Z級

偏食気味の映画考察と駄文の超偏食BLOG

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

第43回■ザザンボ■ 

これでいいはずあんめぇ日本"人"
ザザンボ-0
「ザザンボ」
1992年/日本/監督 渡辺文樹

弱者差別・近親相姦・異端者排除などが日常化している過疎の村。古くからの掟やしきたりが何よりも尊重されるそんな村落で事件が起こった。職員室から貯金通帳が持ち出され、郵便局から5万円が引き出されていたのだ。
ザザンボ-1
犯人と噂されたのは知的障害のある中学生の善一。担任教師の渡辺はその真偽を確かめるべく個人面談を行うが、その後突然善一は首吊り自殺をしてしまう。
ザザンボ-2
個人面談が自殺の原因だと村民全員から責められる渡辺だったが、ある事に疑念を持ちはじめた。頭の弱い善一が通帳と印鑑を盗む事の不自然さと、実際に金を下ろしたのは二十歳前の青年という事。お粗末で的外れな検死と、異常なまでに早い入棺。しかしその事を表立って口にする村民は殆どいなかった。
そして葬式(ザザンボ)は粛々と進行していく。
ザザンボ-6
真相究明の為、埋葬された善一の死体までも掘り起こす渡辺。それに同行した善一の姉(実は渡辺の娘)は不慮の事故で大怪我をしてしまい、遂に怒った村民達は渡辺の家族を拉致してしまうが・・・

ザザンボ-3
福島で実際に起こった知的障害児の自殺事件を、[実は祖父が殺した]という大胆な憶測で映画化したのが本作品。俳優が全員素人なのでセリフは棒読みだが訛りの強い方言と無表情な演技が逆に生ナマしい。善一役に知的障害のある少年を使っているのも、作品に少なからず影響を与えているようだ。この善一渡辺の個人面談がまさに誘導尋問そのもので、少年から無理やり言葉を搾り出している様は見ていて辛い。ここには初めから台本など存在していないのかもしれない。
ザザンボ-4
村社会の深い闇を象徴するのが善一を絞め殺した叔父の喜一。泣き叫ぶ善一の母には、「家の恥を晒す事いってんじゃねぇ!」と一喝し、警察には「大黒柱に頭ぶっつけて、死にてぇ死にてぇと言ってた」と嘘の証言までする。渡辺には「お前が殺ったんだからな」と悪態までつく不敵さには心底ゾッとした。多少の誇張はあるものの、家長の意思が絶対正義だった時代があったのも確かである。
ザザンボ-5
渡辺文樹監督は日本映画界では規格外ともいえる異質な存在である。作る映画の主題もさることながら、元ネタとなった事件の関係者に訴えられたり、食い逃げや軽犯罪法で逮捕されたりと色々と問題も多い。「ザザンボ」はそんな監督の作品の中で唯一まともに見れる映画だとか。
ザザンボ-7
しかし様々な事情から「ザザンボ」は公民館や体育館などで上映される事が多く、その為ファンの目に留まる事がほとんどない。まるで昔のお祭りに現れる怪しい見世物小屋といった感じだろうか。裁判に負けて自主上映自体が出来なくなったとの噂も聞く。

でも、もしかして今日もどこかでヒッソリ上映されているのかも・・・



[ 2009/02/12 23:28 ] 映画レビュー | TB(0) | CM(6)
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2016/09/04 11:41 ] [ 編集 ]
気になって仕方ない作品『ザザンボ』は、近いうちに大阪にも来るのでしょうか。
怖いもの見たさです。
[ 2010/08/08 22:47 ] [ 編集 ]
>2月27日に静岡で上映

平日に上映とは、しかも静岡ですか
物凄くいけませんw 残念
つーか未だに上映はあるのですね。
情報ありがとーです

[ 2009/02/26 22:37 ] [ 編集 ]
2月27日に静岡で上映されます。
「イモンハン」と「天皇伝説」のポスターが幹線道路沿いに貼られてます。
[ 2009/02/24 13:09 ] [ 編集 ]
>公安の刑事が会場前で入場者の写真を撮ってる場合があるので

また物騒な話だなーw
まぁネタがネタだけにしょうがないっスね。
[ 2009/02/15 23:44 ] [ 編集 ]
最近、神戸市内に天皇伝説のポスターが貼られていました。公安の刑事が会場前で入場者の写真を撮ってる場合があるので行きませんでしたが。
[ 2009/02/15 14:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。