A級<C級<Z級

偏食気味の映画考察と駄文の超偏食BLOG

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

■ダイアリー・オブ・ザ・デッド■ 

DIARY OF THE DEAD-0
「ダイアリー・オブ・ザ・デッド」
(DIARY OF THE DEAD)

2008年/アメリカ/監督 ジョージ・A・ロメロ

公開してたのスッカリ忘れてたけど見てきた。いやいや大変良かった凄かった!
即物的で視覚的な驚きよりも、見終わった後にジワジワ効いてくるこの感覚。流石ロメロのゾンビ映画は一味違うな。昨今のゾンビ映画の多くはアクション要素が強く、派手な人体破壊描写が見所の1つ。でも今回そういった物は極力控え、巧みな主観撮影とストーリー展開により、非常にメッセージ性の強いゾンビ映画となってます。とはいえ死霊のえじきよろしくお腹から内臓がズルリとか、薬品で頭が溶けていくゾンビなど、一見地味ながら効果的なグロ描写は健在だっ。
DIARY OF THE DEAD-1

主観撮影とはブレアウィッチ・プロジェクトクローバーフィールドなどで採用されたライブ感溢れる撮影方法の事。まさに今が旬の手法でロメロが撮る事に少々不満を感じてたけど、そんなの遥か彼方にブっ飛んだ。
やっぱ技量の高い監督は違うなぁ。


ゾンビ映画ではお決まりの機関銃乱射や頭部破裂などが無い為か、アメリカでの興行は散々な結果に。アッチの人達は大爆発や銃乱射で血飛沫ドバドバとか大好きだからねぇ(笑


[ 2008/11/25 00:39 ] 公開中 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。