A級<C級<Z級

偏食気味の映画考察と駄文の超偏食BLOG

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

第46回■アダム・チャップリン■  

忘れた頃に突然映画レビューをやってみたりする



Adam-01
アダム・チャップリン
(Adam Chaplin)

2011年/イタリア/監督 エマニュエル・デ・サンティ

奇跡的に日本公開が決まったようでw

セルビアン・フィルムのエクリプス配給により2014年公開予定(ソース

愛する妻を焼き殺された男アダム。その怒りは頂点に達し、遂に暗黒の魔物を呼び寄せた。そして自らの魂と引き換えに得た超人的なパワーと超能力を駆使し、妻を殺したマフィアのボス、デニーリチャーズを追いつめるが・・・。

・・・と、今回は結構グロいので耐性ある方だけヨロ


スポンサーサイト
[ 2013/11/23 02:59 ] 映画レビュー | TB(0) | CM(0)

【(新)カバでき ③】  

ゾンビ映画なのか?
World War Z(3D版)
World War Z kawa

グロいシーンが殆ど無いし、そもそもこいつ等がゾンビなのかも疑わしい。CMでも放映されてたゾンビの大群ドバーと、馬鹿な行動して自滅する人達がいっぱい出てきたのは楽しかった。特定宗派のバッシングとも取れるシーンもあったけど、まぁそれは置いておこう。3Dである意味が皆無だったように思えるけど、なんか作品によって立体感の感じ方がマチマチなのは私だけだろうか?スターウォーズEP1やアリスinワンダーランド、最近だとアベンジャーズなどはあまり立体効果の恩義は感じられなかったなぁ。まぁこれは体調とかで左右されるんだろうけど、むむむ・・・・。





[ 2013/11/03 20:16 ] 自作iPhoneカバー | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。