A級<C級<Z級

偏食気味の映画考察と駄文の超偏食BLOG

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【スーパーマンは弾よりも速く】 

スーパーマンが女を求めて空からチェックしてると
屋根で日光浴してるワンダーウーマンがいた
なぜか彼女はスッ裸で大股広げて横たわっている
彼はヨダレが出た 何たって相手は有名なワンダープッシーだ

そこである名案を思いついた
「急降下してピュピュッと済ませれば気づかないに違いない。
なんたって俺は弾より早いからな」


彼は目にも留まらぬスピードでファックし飛び去った






ワンダーウーマン      「今のはなあに?」

上に乗ってた透明人間  「さあ?でも何故かケツの穴が痛い・・・」




wonder-woman-2
殺人鬼と化す透明人間の恐怖を描いたバイオレンスSF映画インビジブル。上記の話は天才科学者セバスチャン(ケビン・ベーコン)が話していたジョークだ。TV東京系列で度々放映されているので見た人も多いと思うけど、このシーンだけはいつも丸々カットだったりする。やはり台詞の中のスラングが放送倫理に引っかかるのかな?
wonder-woman-3
10年前位の作品とはいえ、透明化する際のVFXは今見てもとっても刺激的。

続編もあるけど今だに未見なのだ。

面白いのカナ?カナ?










スポンサーサイト
[ 2009/11/20 21:38 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

■SAW 6■ 

「あんたにもゲームが必要かもね・・」

saw_6

SAW6
2009年/アメリカ/監督 ケヴィン・グルタート

毎年ハロウィンと共に公開されるSAWも今回が6作目。大傑作のSAW1作目以来、シリーズが進むごとにドンドン劣化しているが今更途中下車するのも何なので早速鑑賞なのだ。今回は映画上映前に今までの復習って感じで1~5までのダイジェスト版を上映。数分で終わるのでコレといった見所もなく、「あーこんなんだったなぁ」程度の印象。そして肝心の本編は・・
力押しと強引な展開でありゃりゃ~な感じ
だけど、SAW5よりは格段に面白いと思う。

ラストに向けての高揚感も少なからずあったので、また次回も見ていいかなぁ
でもパンフレットで確認すると・・・・

次回、SAW7は3Dで確定っぽい

SAWを3Dにする必然性がまったく見当たらない・・・

もう駄目ぽ

[ 2009/11/08 00:16 ] 公開中 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。