A級<C級<Z級

偏食気味の映画考察と駄文の超偏食BLOG

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

■ファイナル・デッドサーキット■ 

THE FINAL DESTINATION-0
「ファイナル・デッドサーキット 3D」
(THE FINAL DESTINATION)

2009年/アメリカ/監督 デヴィッド・R・エリス

大人気スリラー「ファイナル・ディスティネーション」シリーズ第4弾。死のピタゴラスィッチが遂に帰ってきた。しかも今回は3D仕様になってるので、これを観にいかない訳が無い。しかし3Dといえば以前ベオウルフを観にいって、かなーりガッカリした覚えがありましてー。今回は・・・・
THE FINAL DESTINATION-1
ヤバイ!キモイ!グロイ!
立体映像と死の連鎖が絶妙にマッチングし、大量の血飛沫と肉体粉砕がテンコ盛りの満漢全席状態だったw

THE FINAL DESTINATION-2
迫り来る残骸に思わず体が仰け反る冒頭のレース事故から始まり、終盤ゴアシーン満載のショッピングモール大惨事まで全く目が離せない。ここ数年で映画のエグイシーンを見て「おおぅ!」となったのは久しぶりな気もするなぁ。未見の人の為に詳しくは書かないけど、エスカレーターでのアレには正直背筋が・・・・w
デヴィッド・R・エリスはシリーズ2作目「デッドコースター」の監督で、今回も観客の予想を裏切る絶妙なタイミングでの死に様演出が上手い。観客の目を3D映像に集中させる為、さほどストーリーを掘り下げなかったのもGJだと思う。
THE FINAL DESTINATION-3
ただ惜しむらくは、声の吹き替えをココリコ田中などの芸能人達がやってる事。しかも字幕版での公開予定もないって事で、ファンから大ブーイングが起こっております。鑑賞してみたら吹き替えはソコソコ聞ける感じではありましたが、やっぱりこの起用は逆効果だったように思う。もちろんDVDで字幕版は見れると思うけど、肝心の3D効果は前例からして赤青メガネ版だろうし・・・・。

でも、そんな不満もかき消すほどの3D映画だと思う。
これは是非とも劇場で見ていただきたい。

オススメっすよ!


スポンサーサイト
[ 2009/10/18 20:50 ] 公開中 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。