A級<C級<Z級

偏食気味の映画考察と駄文の超偏食BLOG

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【テオ・ヤンセン展】 

Theo Jansen-0

砂浜をワサワサ動く多足造形物の動画で有名なテオ・ヤンセンの展示会に行ってきた。なんかアジアでは初の展示会だそうだ。展示会場自体もテオ作品の如く無機質で質素な感じだけど、係員の人達は逆に爽やか笑顔だったのが印象的だ。
Theo Jansen-1
風力と空気の圧力だけで動く事が出来るストランドビースト(砂浜生物の意)。ビニールチューブ製だったり無骨な木製だったりと色々な素材を利用しているようだ。一昔前の飛行機模型の骨組みを彷彿とさせ、正に手作り感覚に溢れた作品の数々で大変興味深い。
Theo Jansen-3
実物を見て驚いた事はその作り。動画や写真では分からなかったけど、かなり手荒いというか粗雑というか。手で曲げたビニール菅をネジ止めやヒモで固定するのはまだしも、粘着テープってのは何とも大胆だなぁ。今現在は俗に言う結束バンドでの固定が主のようだけど、作品から飛び出してたヒゲのような物の正体はコレだったのね。でもその計算された動きと動作機構には正直ビックリ物ですマジで。
Theo Jansen-2
展示品には自分で実際に動かせる作品(上段右)もあり、早速動かしてみた。
ワサワサワアワサワサワサワサワサワサワサワアワサ(移動中)
なるほど、普段は風力で自走してるだけあり、意外と軽くて軽快に動く動く。その際のギシギシ音はご愛嬌ってモンだね。
Theo Jansen-4
一緒に展示されていた工房の様子と試作品群。そし完成予想スケッチや部品の数々。作成持具自体が作品のようにも見えて楽しい。今回流石に総重量2トンの大型作品「サイ」の展示なかった。残念す。

4月12日(日)まで日比谷パティオ特設会場にて開催予定ー。
たぶん混んでないと思うので、ユックリ見れると思うので話のネタにでもっ。

テオ・ヤンセン展 公式HP
割引クーポン・動画ありマス


スポンサーサイト
[ 2009/01/24 16:57 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

■その男 ヴァン・ダム■ 

JCVD-1
「その男ヴァン・ダム」
(JCVD)

2008年/監督 マブルク・エル・メクリ

見てきた。自虐ネタ満載のコメディと思ったら、後半は意外とシリアスで結構楽しめたっス。ヴァンダムといえば90年代を代表アクションスターですが、ここ数年は良い作品にも恵まれず、木曜洋画劇場ネタや巨額詐欺事件で有名なオージーグループの商品CMに出たりと、日本では変なイメージがこびり付いちゃった感がある。でもこの作品でそんなイメージも払拭されたようで、いやーヨカッタヨカッタ。

作中にはヴァンダムが自身の想いを観客に語りかける場面があり、ここが最大の見所かな。この意外な展開には軽く感動してしまいました。そしてヴァンダムが普通に演技が出来る事に今更ながら驚いた。やれば出来る子だったんだねw

ヴァンダムの今後の活躍に期待だっ!

[ 2009/01/17 15:50 ] 公開中 | TB(0) | CM(2)

[あけおめ] 

あけおめっス
レビュー書いてるうちにスポンサー広告貼られちゃったり・・・



[ 2009/01/04 22:59 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。