A級<C級<Z級

偏食気味の映画考察と駄文の超偏食BLOG

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

第25回【ファニーゲーム】 

fani-0

「ファニーゲーム」
(FUNNY GAMES)

1997年/オーストリア/監督 ミヒャエル・ハネケ

ある映画のスレにこの作品名がたびたび出て、ちょっと興味が湧いたので借りてみた。酷く悪意に満ちた作品で、見た人の殆んどがハケネ監督の思惑通りの反応を示すと思われます。
fani-1

シェーバ一家は湖畔の別荘にバカンスにやってきた。夫のゲオルグ息子のシェルシはボートセーリングの準備を、そして妻のアナはキッチンで食事の準備に取りかかる。そこへぺータと名乗る白い手袋をした青年が訪ねてきた。
「隣からの使いなんですが、卵を4つ拝借出来ませんか?」
始めは快く接していたアナだったが、もう一人の青年パウルが訪れたあたりから、その横暴な態度に不快感を感じてきた。2人と言い争いをしてる所にゲオルグが戻って来るが、パウル達にゴルフクラブでヒザを砕かれてしまう。パウルは言う

「お宅らが12時間でお陀仏かどうか賭けよう」
fani-2

鑑賞後の後味が悪いと聞いてたので馬鹿にしてたら、本当に悪かった。しかし意外と直接的な暴力シーンは少なく、たいがい画面外で暴力が行われる。その音と悲鳴が非常に不快でした。そして物語中に救いがあるとみせかけ、どれも簡単に潰してしまうのも巧い。未見の方の為に詳しくは書かないが、1回だけ映画のルールさえも無視して救いを潰す場面もある。このシーンは是非見ていただきたい
fani-3

ぺータとパウルは一見すると悪人に見えず、逆に良い人にさえ見えてしまう。しかしその態度と言葉使いは不快極まりなく、見ていて本当にイライラした。他の映画に出てくる悪人には無い、生理的な嫌悪感を持っているのである。一家を殺す動機や罪悪感も無く、そして手ぶらの状態でシェーバ家に訪れるのも、ただゲームを楽しんでるという事だけなのだ。だから金銭での交渉も通じないし命乞いも無駄、全く助かる確立がないのだ。これは本当に恐ろしい事である。

10年前の作品にもかかわらず、今みても十分楽しめる・・かどうかは保証出来ないが、見てみる価値はある。

オススメはしないけどね。


スポンサーサイト
[ 2006/07/22 00:06 ] 映画レビュー | TB(0) | CM(1)

【封印作品の謎2】 

謎2

封印作品の謎2
著者 安藤 健二

blogで一番最初に書いた記事がこの本の前作でした。今回は国民的にも有名な四作品。それぞれの封印された経緯を紹介してますが、前回の本より汚い大人の事情が多かった。

第一章
引き裂かれたリボン
(キャンディキャンディ)

著作権のトラブルによる原作者と漫画家の確執。仲良い親友の絆が壊れると修復って難しいですよね。そこにお金と個人的感情が絡むとなおさらです。
キャ

第二章
悲しい熱帯
(ジャングル黒べえ)

封印の発端がこんな馬鹿げた事だったとは・・
アニメの基本設定制作に宮崎パヤオが関わっていたのは有名ですが、黒べえさえも藤子先生がデザインしたもので無かったのには驚きました。
黒

第三章
怨霊となったおばけ
(オバケのQ太郎)

両先生は本当に仲が良く、コンビ解消の理由が喧嘩別れじゃなかった事がせめてもの救いか。封印の理由がハッキリとは書いてなかったが、終盤近くの文章に真実が見え隠れ・・
Q

第四章
ウルトラとガンダムの間に
(サンダーマスク)

実は意外な封印の理由。デジタル放送の煽りで封印される作品がこれからも・・って話は大変興味深かった。ファンの間で有名な「シンナーマン」の話は実際に見てみたいな。
サンダ

セリフや映像関係での封印ならまだしも、エセ良識派団体や、薄汚い感情が理由でこれらの作品が見れない状況は非常に不満です。
サンダーマスクが有名作品かは別として・・
この四作品はこれからも日の目を見るのは困難かもしれません・・

他に訳有りな封印作品が沢山あります。これは封印作品の謎3も出版されるかもしれませんね。


期待age





[ 2006/07/17 00:02 ] 封印関係 | TB(1) | CM(2)

【海賊版撲滅キャンペーン】 

映画が盗まれている・・・
感動も盗まれている・・・


去年あたりから映画を観に行くと、上映直前に必ずこのフィルムが流される。女の人が黒い涙を流し、その涙の粒がドクロになるという極めて悪趣味なキャンペーンCMです。
問題のCM→
bokumetu

ハウルの動く城の海賊版販売グループの摘発から海賊版禁止の気運が高まり、今現在JIMCA(日本国際映画著作権教会)のメンバーである大手の配給会社のフィルムには必ずプリントされているそうです。このCMの為に楽しい雰囲気が削がれる人も多く、映画ファンからもすこぶる評判が悪い。海外でもこの気味悪さが話題になった事もありました。

しかし僕は結構好きだったりします
内容というより、映画本編が始まる前フリと考えてるので逆にワクワクドキドキ。眼鏡を拭いたり椅子に座り直したり、万全の状態で映画を見るわけですよ。
こんな私は多分少数派なんだろうなぁ。

しかし著作権の事だと、当blogも勝手に画像を使ってるわけで・・ゴニョゴニョ・・




[ 2006/07/01 19:59 ] 雑記 | TB(0) | CM(3)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。