A級<C級<Z級

偏食気味の映画考察と駄文の超偏食BLOG

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

■サイレン■ 

siren0

サイレン FORBIDDEN SIREN
2006年 日本 監督 堤 幸彦

ちょっと時間が空いたのでシネコンでサイレンを観てきました。TVCMが印象的だったのと、サウンド・サイコ・スリラーとの事で、刺激的な音が聞けるかなーとワクテカしながら劇場のド真ん中の席を確保。公開中なのでストーリーとネタバレは割愛しますが、原作のゲーム版とは別物らしいですね。
siren1

感想としては、途中で「観に来たの失敗したかな・・」と思う事もありましたが、可も無く不可も無く。ラストのオチがありがちですが、まぁそれでもそこそこ楽しめました。鑑賞後に気が付きましたが、これ「トリック」堤 幸彦監督作品だったのね。なるほど、冒頭にトリック2のオモシロ予告が入ってたのはその為か。期待してたサイレン音は刺激的でしたが、すこし上品っぽい感じも。劇場での座る場所によっても音の効果が大きく変わると思いますが、もっと脳が痺れるほどの荒々しい轟音でも良かったような気がしました。

あと、チャウチャウ顔した森本レオとゲジゲジが怖かったデス。ハイ

スポンサーサイト
[ 2006/02/25 15:36 ] 公開中 | TB(17) | CM(3)

第17回【イグジステンズ】 

igu0

「イグジステンズ」
(eXistenZ)

1999年/アメリカ/監督 デイヴィッド・クローネンバーグ

変態悪趣味映画監督の代名詞クローネンバーグの映画です。前回レビューした映画を(硬)とすれば、こちらは(柔らか~い)映画ですね。
igu1

新時代のゲーム。それは脊髄に開けた穴と、両生類の有精卵から作ったゲームポッドをケーブルで繋いでプレイする物であった。天才ゲームクリエイターのゲラーは、新作ゲームイグジステンズの発表会で、生体部品で出来た銃を持っていた男に命を狙われてしまう。だが会場の警備員見習いであったビケルと共に会場を脱出。暗殺者から逃げ、騒ぎの際に傷ついたボッドと共に、2人はしばらく身を隠す事にした。
igu2

途中寄ったガソリンスタンドでも命を狙われ、ゲラーの首に賞金が懸かってる事を知る。いよいよ逃げ場がなくなった2人は、古い知り合いのロッジに身を隠す事にした。そこでポッドを修理し、その状態を知る為にゲームを試す。ゲームの世界は異様な所だった。奇妙なゲームショップや不気味な店員、汚らしいポット製造工場と突然変異体。2人はゲーム内のキャラとなり、陰謀と策略に満ちた体験をしていく。やがて現実と非現実が奇妙に交差していく中、2人が行き着く本当の真実とは?
igu3

作品公開時には「なんで今更になってゲームを題材に?」と思いましたが、実にクローネンバーグらしい趣味丸出しな作品になりました。彼の持ち味である悪趣味な世界がフィルムから零れ落ちそうです。ハードな物の象徴であるゲーム機を、血肉の溢れる肉感的な物に変える発想が実に面白く、今にも臭いそうな感じです。つくづく柔らかい機械が好きな監督だね。
igu4

劇中でスペシャルなる料理から銃(グリッスル・ガン)を組み立てるシーンを観ていたら、腹が減ってきました。滅茶苦茶美味そうに喰いますからね。その銃の弾が人間の歯なんて、悪趣味すぎて・・・。1丁欲しくなりました。

次の映画はー
柔らかい機械・・・と言えば同監督あの映画ですね。

[ 2006/02/23 19:21 ] 映画レビュー | TB(0) | CM(0)

第16回【ブレインストーム】 

burein

「ブレインストーム」
(BRAINSTORM)

1983年/アメリカ/監督 ダグラス・トランブル


トランブル監督の2作目にして最後(?)の映画です。今回もVFXとヒューマン精神に満ち溢れた作品となっております

最先端の複合企業の社員であるマイケル(クリストファー・ウォーケン)とリリアン(ルイーズ・フレッチャー)のグループは長年の研究の末、遂に知覚伝達装置の開発に成功する。それは肉体的な感覚はおろか、思考や記憶までをも記憶し、他者に伝達する事が出来る装置。いわゆる卒倒ものの発明である。
bre1

装置の小型簡略化の為、マイケルの妻であるカレン(ナタリー・ウッド)をチームに迎える。夫婦仲が冷え切っていた2人だったが、装置を使って相手の気持ちを理解した時、また昔のように愛を語る事が出来るようになった。装置の可能性は無限に広がっていく。
bure2

だがその画期的発明に軍部も目を付け、軍事面での利用も画策されていく。それに反発していたチームリーダーのリリアンだったが、深夜の研究所で突然の心臓発作に襲われてしまう。死を覚悟したリリアンは驚くべき行動に出る。それは死の体験を装置に記憶させ記録テープとしてに残すことだった
bure3

リリアンの意志を感じ取ったマイケルは、装置を調整し死のテープを試すが、体験半ばで病院に担ぎこまれてしまった。それほど死のテープは危険な物なのである。その間にも軍部によるブレインストーム計画は着々と進んでいた。それは洗脳・拷問・記憶の消去などの危険な計画であった。マイケルはその計画の阻止と破壊を計画し、そして人類が最も恐れている「死」を解明しようと再び死のテープを体験するのだが・・・

bure4

仮想体験って言葉が一般的になる以前の作品なので、劇場での受けはイマイチでした。題材として先取りしすぎた感があるが、今思うと大変興味深い最先端映画だったと思います。決して絵空事とは思えないリアル感は、優れたVFXとデザインによる所が大きく、他者のオルガスムスをリピート体験しすぎて体に異常をきたすくだりなんか変にリアルです。大いなる発明も、使い方次第で幸せにも不幸にもなる。結局は人間次第なのだ。当初はShowscan(注※)という新開発の撮影法の為に企画された映画ですが、諸事情により断念。それが実現してたら映画の評価がもっと上がっていただろうな。
bure5

本作は現実の世界をビスタサイズで。そして仮想体験の世界はシネスコサイズ、と変則的な撮影方法です。これは私達が日常的に認識してる情報は一部分でしかないという事を示しています。その監督の意図を理解してか(単に手間がかかる為か)、LDでの発売時には通常サイズでの収録となりました。(画像上段)・・・が、DVD版では、ご苦労にもリサイズされ現実世界の方が大きく収録されております。(画像下段) やはりここはLD版の方を強く押したい。これってマニアのワガママ?
bure6

本作品が名女優ナタリー・ウッドの最後の作品です。撮影期間中にボートから転落し帰らぬ人となりました。享年43才って本当に早すぎますよね・・。

(注※)Showscan
1秒25コマで撮影する所を60コマの高速撮影する事により、映像のリアル感が劇的に増す画期的な撮影方法。New Magic(1984)という短編が初のShowscan映画である。(画像→) 開始早々、傷だらけの古い映画が始まるが、突然フィルムが切れてしまう。すると劇場内に明かりが点き、映写技師が出てきてスクリーンの裏をポンポンと叩いたり。何かのトラブルか?・・・と思ってると、それがShowscan映像で、観客はそのリアル感にかなりの衝撃を受けたそうだ。その後も何本か短編が作られているが、関連機材のコストが高額な為、万博やイベントなどでの公開にとどまっております。


お次の映画はー
仮想体験つながりで、あのeとzが大文字な映画でもひとつ・・





[ 2006/02/18 20:21 ] 映画レビュー | TB(0) | CM(0)

■画像入れ替え中■ 

最近更新が滞ってます・・
でも画像の準備は出来たので、また頑張りマス
ついでに過去のレビュー画像もいくつか入れ替え進行中
文章が稚拙なので、画像で誤魔化すのも1つの手だと思いまして・・
[ 2006/02/14 19:12 ] 雑記 | TB(0) | CM(1)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。