A級<C級<Z級

偏食気味の映画考察と駄文の超偏食BLOG

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

第04回【アルタードステーツ/未知への挑戦】 

aruta-0

映像による幻想はスタンリー・キューブリック監督の
光のショーと同じように印象的だ。
   -バラエティ誌
 

「アルタードステーツ/未知への挑戦
(ALTERED STATES)

1980年/アメリカ/監督 ケン・ラッセル

80年代は特撮技術と音響技術が目覚しく進歩した時代で、今や常識の特殊効果やドルビーサラウンドはこの時期に大いに発展開発されたみたいね。
この映画もSF映画ブームの大波に乗って公開、まぁまぁヒットです。
TVCMがヤケに刺激的な作りだったので釣られて観に行きました。
aru1

優秀な精神科学者のジェサップは細胞に内服している記憶を辿り、生命誕生の根源に迫るという研究を行っていた。その際「タンキング」という方法と妖しげなキノコから抽出した薬を併用して自らを実験台にしていく。しかし幻覚世界での退行だけでなく身体も変調をきたし、やがて分子レベルにまで分解され・・・
aru2

まぁ簡単に言えば、暗い箱の中でラリってたら身体も変になってきちゃったって感じですね(ちょっと違う?)
とにかく幻覚シーンが強烈で暴力的だったり宗教的だったりします。この映像と耳を破るようなドルビーサラウンドの相乗効果で、この映画みた夜は興奮状態で眠れなかったよ・・。
aru3

劇中に出てくるタンキングは当時アメリカで実際に流行してたリラクゼーション法だそうだ。外界から完全に視覚や聴覚を遮断したBOXに10%の硫酸マグネシウム溶液を入れ、そこに身を浸す事によって羊水の中の胎児と同じ状態になる。その為、精神的に非常に安定した状態になるらしい。今もエステで使ってる所あるそうですね。
aru4

この映画を作るにあたって出演者や監督は実際にタンク体験したらしい。主演のウィリアム・ハートだけは不快極まりなかったそうで劇中での不安な表情はそのせいかもね。
aru5

身体が変貌する特殊効果はメイクの神様ディック・スミスが担当、バルーンテクニック(顔や手がブクブク膨らむ)という手法が初めて使われたのもこの作品だったりしますよ。
aru6

ワーナーホームビデオでDVDは発売されてますが・・

¥3570→¥2100→¥1575→¥980→¥690
投げ売り? 松屋のカルビ焼肉定食と同じ位の値段にー
。・゚・(ノ∀`)・゚・。 。
スポンサーサイト
[ 2005/08/31 17:22 ] 映画レビュー | TB(0) | CM(1)

■ランド・オブ・ザ・デッド■ 

らんど

ついに公開「ランド・オブ・ザ・デッド」
死霊のえじき」から既に20年。感無量です(感涙)
勿論初日の上映1回目に行きましたよ 義務だし(???)
ネタバレなんて野暮な事はいたしませんが、やんわり感想をひとつ。
やはりロメロの描くゾンビは何処となく品格が違う
最近のゾンビは元気に走り回る傾向がありましたが、やはりノロノロ動かないとね♪
ストーリー自体は賛否両論ありそうだけど、僕は気に入りました。
トム・サビーニもゾンビ役で出演。ゾンビマニアには嬉しいあの服装で出てます!
1つ不満だったのは上映時間が100分に満たない事。それこそアッという間にオワタよ
DVD発売時にはデレクターズカットなんて感じで2時間くらいでどーかひとつ・・

これは厳密にいうとこれまでのゾンビ3部作とは全く別物
新たなゾンビサーガの誕生って事でいいかもしれません ヽ(*゚∀゚)ノ


追記
カップルが得意そうに言ってました
「コレはバイオのパクリだよな!」
去年公開の「ドーン・オブ・ザ・デッド」の時にも同じ会話を聞いた覚えがー
    ヽ(゚∀゚)ノ ウホホッ
[ 2005/08/28 16:21 ] 公開中 | TB(0) | CM(2)

つくばなエクスプレっす 

つくば

今日は秋葉原にぶらり旅(自宅から1時間40分)
やけに混んでると思ったら、今日はつくばエクスプレスの開通だったのですね
駅に入るまで30分並んで、入場券買って入ってきました。
カメラやビデオ持った鉄っちゃん(鉄道マニア)がワンサカ
とりあえず列車の椅子に座ってみる
えらく硬い印象でしたよ。
よーし。これでつくばに行くときは楽になるぞー!
行く用事全く無いですがね ヽ(*゚∀゚)ノ

あ 電車の写真も撮ったのですが、手ブレがメッチャ凄かったので却下ですよ奥さん
[ 2005/08/24 22:11 ] 雑記 | TB(0) | CM(1)

クリープショー3 

くり3

そういえばクリープショー3が作られたらしいがどうなんでしょうか?
5話構成でロメロは完全ノータッチらしいですが・・
期待はしないけど気にはなります。でもヤッパリ観てガッカリするんだろうなぁ
シリーズ物で途中から盛り返したのってなんかあったかな?
エルム街の悪夢3 惨劇の館」くらいしか記憶にないですよ
・・って、またしても僕だけですか!劇中のTVフレディなんか大好きなんですが!
それにエルム街のその後のパターンを決定付けた秀作だと思うのですがー(良い意味でも悪い意味でも)
 。・゚・(ノ∀`)・゚・。 。
このまま作り続けたら「13日の金曜日」とか「ヘルレイザー」の二の舞になりそうだなぁ  南無南無・・


〈追記〉

なんとかレビュー完了ですよ~

第40回【クリープショー3】 


[ 2005/08/23 17:43 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

ビデをレンタる 

クリープショーの回でも触れたレンタルビデオな戯言などを

←の表はSF雑誌スターログ1984年3月号に載ってた輸入ビデオの値段表ですが、メチャメチャ高いですな。「宇宙空母ギャラクティカ」なんて27000円しますよ!そんなの欲しくn(ry
この時代はまだビデオの値段が高く、国内産でも通常19000円前後はしました。輸入ビデオですからこの値段は当たり前。それでも新作が発売されるとマニアな人達は大金払って買っていたようです。マニアには値段なんか関係ありません!(断言) ああ・・我が家にもSWの輸入ビデオがある(しかもベータ!) orz
この数年前にワーナーホームビデオが大々的にビデオレンタルを開始(結構うる覚え) 有名な作品を中心に、毎月10本くらいのペースでレンタル本数を増やしていきました。ベータとVHSの優劣がまだついてなかったので各1本ずつで、今みたいに同じ作品20本入荷とかは考えられませんでしたね。池袋の西武デパート内にワーナーのレンタル屋あったもんで、ドキドキで借りに入ったら[貸し出し中]の札がぁぁ とかね・・ 
値段は1泊2日で1200円だったかな?映画館で1本観るのとほぼ同じ値段なので、気軽にレンタルって感じには程遠かったっス。映画をレンタルして自宅で見るって事が現在みたいに浸透してなく、一部の映画ファンだけの楽しみって感じでした。しかしホラー関係はレンタルは勿論、ビデオ化さえされないのであった
    。・゚・(ノ∀`)・゚・。 。
その後「死霊のはらわた」のスマッシュヒットでスプラッタームービーが大流行。いわゆるB級、C級映画のビデオ化も少なからず増えていきました。でも見たい映画ほどなかなかビデオ化されないので、仕方なく妖しげな個人営業ビデオ屋へ。すると近場にそんなビデオ屋がありました。小さい店舗ながらエロビデオとダビングビデオが天井近くまで積まれてます。おやおやコレは珍しい「くりぃむレモン」に代表されるアダルトアニメまでありますね
・・・一応チェック  (*゚∀゚)=33
探すとヤッパリありました「輸入ビデオコーナー」(勿論ダビング物)
[字幕はありません]・・との注意書きも。まだ日本での劇場公開が決まってなかった「エルム街の悪夢」を発見!1泊2日で2000円とー ・・・えらい高いよ!でもゲット&延長2日 で+3000円  
いまじゃ考えられない値段ですが、当時の輸入ビデオレンタル店ではそれ位の値段は当たり前でした。(3~4件知ってますが・・)それがいまや1週間で180円なんて・・いい時代になったもんだ。そしてビデオからDVDへの移行に伴い、またしてもB級C級のビデオが店頭から消えた。中古ビデオ屋で我慢強く探すか、DVD化を切望しるしかなくなり・・・

歴史は繰り返されるのであった・・・  ___○_
[ 2005/08/19 12:28 ] 雑記 | TB(1) | CM(2)

第03回【クリープショー】 

くり1

眠れぬ夜のための5つの恐怖譚
ロメロxキングxサビーニのオムニバス映画
「クリープショー」
(CREEPSHOW)

1982年/アメリカ/監督 ジョージ・A・ロメロ

オムニバス映画といえばスピルバーグら有名監督が結集した「トワイライトゾーン」の他に、「キャッツアイ」「デビルゾーン」あとはタランティーノの「パルプフィクション」「フォールームス」など。日本映画では「バカヤロー」とか黒澤明の「」とかあったね。最近では「電車男」の伊藤美咲が「アバウト・ラブ/関於愛」ってオムニバス映画に出たらしいね。フーン・・ でも未だにこのクリープショー」より面白いオムニバス映画は出会った事ありませんよ! (僕だけかもしれまんが・・)
くりー1

プロローグ
厳格な父は息子からホラー雑誌を取上げ、ゴミ箱に捨ててしまいます。さぁクリープショーの始まりだ。
第1話 [父の日]
厄介者で強欲な大富豪の父を殺した娘は、遺産を子供達と分け合い優雅に暮らしていた。今年も事件の起こった日でもある父の日を祝う為に全員が集まった。すると突然父が墓場から甦り、こう叫んだ。
「父の日のケーキはまだか!」
第2話[ジュディ・ヴェレルの孤独な死]
愚鈍な農夫のジュディの畑に小さな隕石が落下した。一儲けを企むジュディは隕石をバケツに移し家に持ち帰るが、時間が経つに連れ未知の植物が生えてきて・・・
くりー2

第3話 [迫りくる潮流]
TVプロデューサーのリチャードは、浮気した妻と男を騙して砂浜に埋め、その様子をカメラで観ながらご満悦。しかし次の夜、殺された2人が復讐を果たしに海から戻ってきて・・
第4話 [木箱]
大学の階段下から掃除夫が発見した箱には、恐ろしい怪物が入っていた。命からがら逃げた学長に相談を受けた恐妻家のヘンリーはある名案を思いつく。「そいつに憎い妻を食わせよう!」
くりー4

第5話 [這い寄るやつら]
金に汚い金持ちのプラットは異常なまでの潔癖症。今日も電気制御で管理され、消毒されている清潔な部屋で、どこからか紛れ込むゴキブリと格闘していた。だが突然の雷で街中が停電。その途端部屋中にゴキブリが溢れ出し・・
エピローグ
前の晩に雑誌を捨てた父は突然苦しみだした。二階では針を呪いの人形に刺しながら笑っている少年の姿が・・

くりー3

プロローグで捨てられるコミックをなぞる形で映画は進行。全編コミック調な色彩でチープ感が漂います。恐怖小説の巨匠スティーブン・キングの全話書き下ろしなので見応えあり、監督のロメロも力抜いて作ってるのが目に見えるようです。血まみれメイクの帝王サビーニのメイクも良い仕事してますよ。ホラー映画ですが遊びゴコロ満載、軽い気持ちで見れるのが嬉しい。そういえば3話の主人公が「裸の~を持つ男」シリーズのレスリー・ニールセンです。この後コメディで大成功するなんて思いもしなんだ。なんか真面に演技してるし、ちょっと意外です。とにかくこの種の映画が苦手な人でも楽しめると思いますよ。日本では何故かオクラ入りになって永い事観れませんでした。そこで渋谷道玄坂のビルの一室にあるビデオ店で借りて観たのですが、その店は輸入ビデオをダビングしてレンタル販売(リッパに違法)してるようで、なんの表札も無い部屋をノックして入るとそこにはお宝の山が! 1泊2日で3000円でしたが、その頃はマイナーホラーとか未公開映画はまずビデオ化されない時代だったから、結構重宝しました。その後はサム・ライミの「XYZマーダース」と併映ですが、日本公開もされました。

クリープショー2 怨霊」も作られたけど、
続編にありがちな超ウンコ映画です。
柳の下にドジョウは2匹いませんでした・・
[ 2005/08/18 19:34 ] 映画レビュー | TB(0) | CM(4)

手塚治虫【泥だらけの行進】 

漫画も取り上げてみよーかと思う
恐れ多くも日本漫画界の神様 手塚治虫大先生です
dorodarake0

「泥だらけの行進」
作者 手塚治虫/週刊少年ジャンプ/1972年8月14日号掲載 読切短編

「ブラックジャク」「鉄腕アトム」「ジャングル大帝レオ」などなどなど。いまさら語る必要もない有名作品群の影で、未だに諸事情の為単行本未収録の漫画もコッソリある。これはそんな作品の1本
dorodarake1

2年前ある小学校で給食のパンを食べた子供が次々と目や耳、そして脳まで侵される事件がおきた。パンに混入された毒薬が原因らしいが、未だに犯人は捕まっていない。そこに東という警視庁の刑事と名乗る男が捜査に現れる。調べていくうちに、この事件は人類淘汰を目的とする「ふくろう団」の仕業だと判明。これはほんのテストで毒薬の大量生産がすめば全国で使用する計画なのだ。
dorodarake2
幾多のピンチを潜り抜け、東の大活躍で「ふくろう団」は壊滅する。その後、大勢の新聞記者のインタビューの前で東は静かに語り始める
僕は天国から派遣された刑事なんですよ。天使長が僕を・・・・」
ポカーンとする記者達。そこに医者がいきなり入ってきて
「東さんとうとう見つけた。大人しく病院へ帰るんですよ」
東は精神病院の患者で、2ヶ月前に病院から抜け出した誇大妄想狂だったのである

dorodarake3

差別用語がいっぱいで 主人公が精神病患者ってオチの為か、この先も単行本収録はまず無理なようで。昔の漫画やアニメは差別用語がバンバンに使ってあって、アニメは再放送時に音とか不自然に消されてる事も多々あった。「巨人の星」とか「ど根性ガエル」とか・・。差別問題とか各呼称とかなど、規制しすぎるのも逆に差別な気がしますが・・・。



[ 2005/08/17 12:06 ] 封印関係 | TB(1) | CM(5)

第02回【デッドリースポーン】[改訂版] 

DVD購入記念に1年前のレビューを書き直し
デッドリー1

地上に落ちてきた大隕石。その中から
心臓も止まるような醜いエイリアンがでてきた。
こいつは喰うためにだけ生まれてきた・・


「デッドリースポーン」
(THE DEADLY SPAWN)

1983年/アメリカ/監督 ダグラス・マッケオン

85年に大映からビデオ発売され、ファンの間で絶大なる支持を得たモンスタームービー。その後、映画館で併映ながら上映された変り種です。ビデオ屋でホラーの棚の片隅に必ず並んでた記憶がありますな
DEADLY SPAWN 1

片田舎に落ちた隕石には、未知の怪物が潜んでいた。手始めに野次馬学生2人を完食すると、郊外の家の地下に潜伏。そして近寄る人間は容赦なく喰いまくり、物凄い勢いで繁殖する。
ホラー好き少年チャールズはその現場に出くわすが、偶然怪物が悲鳴や物音に反応する事をつきとめた。怪物の被害が付近一帯に広がる中、チャールズは持てる知識を結集し怪物退治へと向うが・・

DEADLY SPAWN 2

改めて見返すと、これが結構面白い。怪物の滅茶苦茶な暴れっぷりも豪快だが、出てくる大人の情け無さには笑える。悲鳴あげて逃げ回るだけで簡単にバリバリ食べられてしまうのだ。ホラー好きの少年が怪物を退治するという設定も好評で、
マニアの多くが彼に親近感を覚えたのは言うまでもない。
DEADLY SPAWN 3

特筆すべきは怪物のデザインで、最高にグロテスク。ヌメッた身体と突き出た3つの頭には目さえなく、巨大な口と無数のキバがあるだけ。そして恐ろしいほどの食欲と繁殖力。地球上の生物なんかあっという間に食い尽くされそうです。あまりの出来の良さに、別のC級映画で使い回しされたほどだ。でも妙にマヌケで愛嬌のある怪物なんですよねぇ。
DEADLY SPAWN 4

ビデオ版は画質が最悪だったのですが、DVD版だと画質が鮮明になり怪物の垂れ流す粘液までもがクリヤーに。それでも作品のチープさは相変わらずで、グダグダな展開と三文芝居、アマチュア精神ダダ漏れなC級映画感覚は見ていて大変楽しい。

もちろん、あの有名なラストシーンもね(笑



[ 2005/08/15 21:58 ] 映画レビュー | TB(3) | CM(0)

ビデオ屋徘徊 

せっかく映画のレビューなんか始めたので、気に入ってる映画を見直そうかとレンタルショップへー
うあー。5件回ったけど、ビデオレンタルからDVDレンタルへ移行してる店が大半ですな
それでもCGを駆使した最新映画や韓流映画などは沢山あるが、アナログでチープでビデオパッケージが日焼けして薄くなっちゃったようなC級映画は全然無いね これっぽっちも無いね
DVD化はまず望めそうも無い作品ばっかりだし・・むむ・・
とりあえず
「デモンズ95」
「マングラ―」
「ミミズバーガー」
の3作品げっと!

ありゃりゃ マイナー物ばかりだね (ノ∀`)
[ 2005/08/10 20:10 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

第01回【バーニング】 

絶叫100発!
全米で緊急指名手配。
これが恐怖の復讐魔(バンボロ)だ!
〈バンボロ〉それは血しぶく鋭い刃。
虐殺の代名詞だ!

東宝東和のお家芸 摸造コピーもお茶目なホラー映画
ばー1

「バーニング」
(THE BURNING)

1981年/アメリカ/監督 トニー・メイラム

13日の金曜日などの大ヒットにより亜流映画などが大量に作られ、銀幕には無差別殺人鬼がティーンエイジャーをバッサバッサと愉快に殺しまくっていました。これもそんな作品の1本で当時結構ヒットした覚えがあります
Burning-a

キャンプの管理人が学生達の悪戯で全身に大ヤケド。ふた目と見られない醜悪な姿になってしまった。そして数年後キャンプ場に再び舞い戻り、学生達を無差別に殺し周る
・・と、まさに殺人鬼映画ではお決まりの大道ストーリーです。このネタで何本の亜流ホラーが作られた事か。
Burning-b

最低映画の烙印を押す方もいますが、劇場で見たときは悲鳴上がってました。当時としては音楽と効果音が凄まじく、文字通り心臓が飛び出るほど。音楽担当は有名なロックバンドイエスリック・ウェイクマンで、シンセサイザーのギシギシ音は脳裏に焼付くほど印象的だ。
血まみれメイクの第一人者トム・サビーニも相変わらず絶好調で、グロテスクな殺人鬼やノド笛かっ切り、大バサミでの指チョンパなどやりたい放題
Burning-c

日本公開時には2箇所カットされたそうで・・
ビデオ版は大幅カット仕様なのが残念ですが,出来るなら完全版で販売してくれないかなぁw
あ 書き忘れましたが(バンボロ)って名は東宝東和の摸造
本当は(クロプシー)です
Burning-d

[ 2005/08/09 15:55 ] 映画レビュー | TB(0) | CM(4)

はじめの1歩 

なにからやればいいのか?
取りあえず色々やってみてからだw
最近読んだ書籍を紹介してみますか・・
放送禁止


封印作品の謎

オールジャンルの封印作品中、代表的な4つ+αを事細かい解説で紹介してます。封印の経緯やその頃の時代背景、当時の関係者のインタビュー他 今まで知りえなかった情報テンコ盛 けっこうヤバイ話もチラホラ・・
中でもウルトラセブン第12話「遊星から愛をこめて」の海賊ビデオの話は興味深い。今のようにネット全盛でP2Pも無かった時代 レア動画はマニア間でのビデオ売買が支流だったようで、ウルトラ12話に関しては宮崎勉の所有するビデオからのダビングがそのほとんどだったそうだ・・・
(宮崎勉)
88年に連続幼女誘拐殺人事件を起こし、大量の漫画本やアニメ・ホラービデオが山積みになってる異様な部屋で(オタク=負)のイメージを世間に決定付けた張本人


当時ホラー映画オタクな私は随分苦い思いさせられました・・ _| ̄|○

放送禁止映像大全
こちらは映像関係全般で263作品を紹介 結構数が多くてビックリだ
数は多いけど1本1本の解説が少ないのは残念

2冊とも版権その他の問題で写真は実に少なく、文章からそれを読み取るしか出来ない。そうなると実際の物も見たくなるのが人情ってもんです・・
何か機会があったら・・いや機会を作って観てみようと思うw


・・・映画はまた今度で・・ まぁユックリやろう。
[ 2005/08/08 21:03 ] 封印関係 | TB(1) | CM(2)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。